断りにくいとお悩みのHSP女子に知ってほしい|脱毛サロンの選び方

HSP
水着の女性,艶々の肌

アクセスありがとうございます。カネハナ*です。

今回ご紹介するのは、HSPさんにおすすめの脱毛サロンの選び方です。

肌の露出が増える時期になると、脱毛を考えるHSP女性も多いことでしょう。しかし、HSPさんにとってサロン通いは鬼門。

「スタッフの勧誘を断れるか心配…」
「スタッフに気を遣いすぎて疲れてしまう」

そんなお悩みを抱えていませんか?

私もなかなか納得のいくお店が見つからず、合計で4店舗の脱毛サロンを渡り歩くことになりました。その甲斐もあり、スタッフに気を遣うことのない脱毛サロンと巡り合い、目的の部位の脱毛を完了することができました

そんなカネハナ*の体験談をもとに、HSPの女性がより快適な脱毛サロン通いを実現する方法をご紹介します

断りにくいHSP女性は脱毛チェーン店を避けるべき

受付の壁

脱毛サロンといえば、真っ先に思いつくのが有名脱毛チェーン店。しかしカネハナ*の経験上、残念ながらHSPさんにはとてもおすすめできる環境ではありませんでした。

HSPの私が脱毛チェーン店をおすすめしない理由1|とにかく入会させようと必死

冒頭でお伝えした通り、私は4店舗の脱毛サロンを経験してきました。そのうちの2店舗は、某有名脱毛チェーン店です。

全て体験コースとカウンセリングのみだったので、料金はどちらも500円前後と格安でした。しかし、HSPの私にとって恐れていた事態が起きてしまったのです。それは、契約しなければ帰さないと言わんばかりの激しい勧誘の嵐でした。

初めて行った店舗では押しに押されて、ついに仮契約を結んでしまったのです。帰宅後すぐ断りの電話を入れましたが、無駄に時間と心を消費しただけのとんでもない結果となってしまいました。

HSPの私が脱毛チェーン店をおすすめしない理由2|勧誘がしつこい

脱毛に限らず、美容系チェーン店はスタッフに厳しいノルマを課しています。そのため、チェーン店のスタッフたちは、とにかく契約をとろうと必死です。

私を担当してくれたスタッフも、私に姉がいることを知ると「次回はぜひご一緒に!」と、たくさんの資料を用意する抜かりのなさ(それが仕事のため仕方がないとは分かっていますが…)。

また、施術中もプランの話ばかりを持ち出し、気が休まることはありませんでした。「どうやって断ろう」という言葉が常に頭を巡っていたため、断りにくいHSP女性にはとてもおすすめできません。

施術の度に気を遣わなければならないとなると、脱毛サロンに通うことがHSPさんにとって苦痛となってしまいます。

HSPの私が脱毛チェーン店をおすすめしない理由3|プランが複雑

脱毛チェーン店の料金プランは全国一律であることが多く、どこで施術を受けても料金が変わらないのが魅力。しかし、細かな条件が設けられている場合も多く、スタッフとのやりとりが増えるのがデメリットです。

極力スタッフとのやりとりを減らしたいHSPさんにとって、何度も質問しなければならなかったり、情報量が多かったりする料金プラン制は、負担が大きいと感じました。

聞き役に徹しやすいHSPさんは、相手の話を遮ることが苦手です。そのため聞きたいことがあっても、タイミングを逃してしまいがち。私の場合は納得のいかないまま、押しに押されて契約となってしまいました。

HSP女性は個人経営の脱毛サロンがおすすめ

脱毛サロンの洗面台

脱毛チェーン店での経験を教訓に、3店舗目からは個人サロンに切り替えることに。すると、じっくりと店舗を吟味することができたのです!

そして金額や通いやすさを比較し、4店舗目の脱毛サロンに落ち着くことになりました。

ここからは、HSPのカネハナ* がおすすめする個人経営の脱毛サロンの選び方をご紹介します。ポイントごとにまとめてあるので、サロン選びの参考にしてみてください。

HSPの女性が個人経営の脱毛サロンを選ぶ時のポイント1|スタッフの人数が3人以下である

スタッフの人数が多いほど、他人の目が気になるHSPさんの負担が増えてしまいます。スタッフの人数は、オーナーを含めて3人以下の店舗を選ぶようにしましょう。

スタッフの人数が少ない店舗は、よほどの大手でない限りノルマがほとんどないとのこと(※施術をしてくれたオーナーさん談)。実質、個人サロンでは勧誘を受けたことがありません。最低限の人数で店舗をまわしているため、営業よりも施術に集中してくれます

ちょっとした待ち時間もスタッフは施術中であることが多く、他人の目もありません。できるだけスタッフとの接触を減らしたいというHSPさんにとって、個人経営の脱毛サロンの環境は適していると言って良いでしょう。

HSPの女性が個人経営の脱毛サロンを選ぶ時のポイント2|いつでもやめられるプランにする

脱毛チェーン店で圧倒的に多い料金プランはコース制。たとえその店舗のサービスに納得がいっていなくても、「ローンを組んでしまったから」という義務感にかられ、通い続けているHSPさんもいるのではないでしょうか?

そこで私が考えたのが、1回の施術ごとに支払う料金プランを導入している店舗に限定することです。面倒な手続きは一切なく、好きな時にやめられるというのは、環境に左右されやすいHSPさんには最適なプラン。

その他、回数券制や3ヶ月の短期プランなど、縛られる期間が短ければ短いほどおすすめです。とにかく、いつでも気軽にやめられる環境を、自分で整えてあげることがHSPさんには必要不可欠となります。

HSPの女性が個人経営の脱毛サロンを選ぶ時のポイント3|オーナーの雰囲気を確認する

個人経営の脱毛サロンは、チェーン店と違ってオーナーの意見が絶対です。当然、オーナーが利益重視の店舗の場合は、勧誘なども積極的に行います。

そのため、個人経営のサロンの場合は、オーナーの雰囲気をよく観察してみましょう。顧客と距離感が近かったり、押しが強い印象を受けたりした場合は、HSPさん特有の直感に従って避けることが無難です。

接客は最低限で、スタッフへの指示出しやお会計などの店舗運営に従事しているようなら、勧誘はほとんどないと言って良いでしょう。また、何かあったときに相談できるかどうかも重要となるため、話しかけやすさも確認しておくのをおすすめします。

時期を見て切り替えよう! 自宅でできる脱毛器具

脱毛サロン通いは、施術内容にもよりますが、確実に長期戦となります。私の場合は光脱毛だったため、部位を変えつつも約2年通うことになりました(※施術期間や効果には個人差があります)。

最初は月2回の施術頻度だったのが、月1回、2ヶ月に1回と減っていき、そして必ず「あとは気になるときだけで大丈夫」と言われる時がきます。そのタイミングで、自宅脱毛に切り替えてしまうのもおすすめです。

私はPanasonicの脱毛機器を購入し、気になる時だけ使用することで、施術部位の綺麗な状態を保っています。

パナソニック ≪国内・海外兼用≫[AC100-240V] 光美容器 ボディ&フェイス用 「光エステ」 ES-WH76-P ピンク調

価格:34,980円
(2020/8/9 21:56時点)

元美容インストラクターでYouTuberの“のべちゃん”の動画によると、薄くなった範囲は自宅用の脱毛機器でも十分に対応できるとのこと。自宅で脱毛を行えるとなれば、HSPさんの心もグッと楽になりますよね。

【家庭用脱毛器メリット&デメリット】オススメの使い方!

まとめ|カネハナ*が考える、HSP女性が通いやすい脱毛サロンの特徴

それでは、今回の記事をまとめましょう。

・施術スタッフによる営業活動がない
・スタッフの人数が3人以下である
・オーナーがスタッフの指示や店舗の運営側に尽力している
・面倒な手続きがなく、すぐにやめられる料金プランである

長期間通い続ける脱毛サロン選びは、HSPさんにとって過ごしやすい環境であるかということが大切です。今回の記事を参考に、まずはインターネットなどを利用して、情報収集から始めることをおすすめします。

カネハナ*は、美しくなりたいHSP女性の味方です。

美しい女性
※この記事は、あくまでもカネハナ*の経験をもとに執筆しています。HSPに関する知識は、専門医監修の書籍を参考にしていますが、医学的根拠を保証するものではありません。明確な判断は、専門医にしかできないとご理解ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました